FC2ブログ

comment for ジュニアへのメッセージ





 
カエルをクリックすると投稿できます。

トラックバック

  • お問い合わせはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ご意見・ご感想・お問い合わせ等 お寄せください。
  • プロフィール

    フロントスタッフTY

    Author:フロントスタッフTY
    テニス大好き❤

  • お天気時計

ジュニアへのメッセージ




毎年書いているような気がしますが、

ジュニアの選手にとって大事な大会は夏に集中しています。

(春の予選で結果を出した選手が夏の大きな大会に出場できる

のですが、そうでなかった選手にも次にステップアップできる

大会が組まれています)


夏本番を目前に控え、今回、Yコーチ(なんで伏せ字?)から

ジュニア選手に対してメッセージを寄せていただきました。

もちろん一般の方にも読んでいただきたいです。

以下の通りです。







 過日、ブログ欄での既報通り、今秋の国体京都代表(少女の部)に

当ジュニアスクールの出身者である村瀬早香選手と河内ほのか選手が

代表戦の結果、内定しました。




 この結果をふまえ、次世代のジュニアに少し提言したいので筆を取りました。




 「ローマは一日にしてならず」という言葉がありますが、彼女らも簡単に

今の地位についたのではありません。

小学校の低学年からの地道な基礎練習の繰り返しと手痛い敗戦から

立ち上がる精神力の向上。これらにより心・技・体を磨いていったのです。




 プロ野球の選手が試合前に『ティーバッティング』という練習をしているのを

ご存じですか?

至近距離からコーチが手でボールを投げて、打者がネットに向かって打つ

練習です。(あのイチロー選手もやっています)

時速150kmのボールを打つ選手でさえ、手投げの緩いボールを毎日打って

感覚を保とうとしています。

「フォームは日々変わる」からです。




 村瀬・河内両選手もこの『基礎練習を継続する努力』を怠らなかったわけです。

この努力を今のジュニア選手にも求めます。もちろん派手なショットもいいでしょう。

でも、ベースになるのは、しっかりした基本動作です。

これがしっかり体に染み込んでいるからこそ、追い込まれてからでも切り返せるわけです。




 両名の選手にはぜひベストを尽くして頑張って欲しいし、又、それに続く選手も

彼女らの頑張りに何かを感じたなら、それを自分の糧にして、あとに続いてほしい

と思います。







 
スポンサーサイト



category : Yコーチのひとり言  comment : 0  track back : 0
web拍手 by FC2